忍者ブログ

蒼猫桃猫

ブルーとフォーンのソマリとブルートービィのメインクーン、オッドアイホワイトのターキッシュアンゴラとの日々の暮らしを綴っています。キャットショーや手作りごはんの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DAKSHIN(東京・馬喰町)

お友達のNさんのご友人が南インド料理屋さんを開店されたとのとこでお邪魔してきました


タンドリーチキン
インド料理屋の定番で、たいていの店にはあるのですが、お店によって意外と違うんですよね。これが。
こちらのお店のは辛いのですがあとはひかないすっきりした辛さで、余分な脂っけもなくて非常に美味!!
そのまま食べても勿論美味しいのですが、添えられたココナッツのソースをつけるとココナッツなのに何故かさっぱりしていてんまいのです。
付け合わせの玉ねぎのサラダも野菜好きの私にはうれすぃ。

CA391145.JPG
チキン65
不思議な名前のこの料理はチキンを65度の油であげたものです。
チキンをジューシーでやわらかい状態にできるのはこの温度なのだそう。
ほんとにそのとおりで、やわらかいけど香ばしい鶏肉が美味。
スパイシーですが、これはあまり辛くないです。
衣は小麦粉ではなさそうだけど、なんだろうか。聞き忘れました。

CA391144.JPG
カリフラワーを揚げたもの+トマトソース
カリフラワーを揚げたものはメニューにのっているのですが、これはサービスでだしてくださったソースをからめたもの。Nさんに美味しいと聞いてはいたけど、カリフラワーの揚げたものがほくほくしててほんとに美味しいのです。
からめてあるトマトソースだと何となくイタリアンっぽく、でもカリフラワーにスパイスがまぶしてあるのかとてもスパイシーで不思議な味わいでした。

CA391142001.JPG
キングフィッシャー(インドビール)
インド料理屋にはたいていある定番ビールです。
さっぱりしてるので、辛い食べ物にもよくあいます。

CA391143.JPG
インド豆のサラダ
チャナ豆とキュウリ、トマト、玉ねぎとインド風のさっぱりしたドレッシングであえたもの。
シンプルですが、前述のとおり、野菜や酢ものが好きな私には嬉しい一品。
インド料理には豆料理が多いのですが、私がその中でも一番好きなのがチャナ豆(ひよこ豆)の料理です。
チャナ豆ってほくほくしていて、豆というか芋みたいな感じですよね。

CA391147.JPG
チキンカレー(左)、インド米のライス(右)
チキンカレーも定番ですが、ここのお店のはマイルドな感じです。
インド米はよく売られているタイ米(ジャスミンライス)よりも細長いです
日本のお米と違って粘性が少なく、スープ状のカレーにはよくあいますよね。
#インドカレーと言われているものでも日本のお米にあうものもあります。東銀座のナイルレストランなんかはそうですね。

CA391148.JPG
プーリー(左)、チーズナン(右上)、ココナッツ野菜カレー(右下)
プーリーは全粒粉の揚げパンみたいなものですが真中が空洞になっていて、そこにカレーなどをはさんで食べます。地域によってはナンよりもこちらが主流だったりするそうです。
ナンはベーシックなものありますが、数種あってこちらはチーズナン。とろけたチーズがのっていて「ピザ??」って思ったくらいなのですが、カレーにとてもあいました。
ココナッツ野菜カレーは見た目はシチューですよね(笑)。
見た目よりもさっぱりしていて、野菜もほくほくで美味しかったです。

少し早い時間に伺ったため、あまりお腹がすいてなかったのが残念
次は腹減らして伺います。
でもたくさん食べてしまいそうで危険かも(笑)。

連れてってくたださったNさん、ホントにありがとうございました
また行きましょうね

店主の方には4歳のとても可愛い(目が大きい!!)お嬢さんがいらっしゃるのですが、Nさんちのエドくん(ソマリ・フォーンの男の子)を見せて「この子何色~?」って聞いたら、「Peach!!」って答えてくれて面白かった。
お父さんは「違うでしょ」って言ってたんだけど、Nさんと私は正しい、正しいよって。
私たちはフォーン=ピンクベージュって思ってるから桃色って思うけども、フォーンを見てすぐに桃色って思いつかないものなのかも。ちびっこの感性って豊かですよね。

DAKSHIN(ダクシン)
東京都中央区馬喰町1-12-1
03-3249-9155
JR総武線馬喰町駅5番出口から3分くらい、かな。

ご夫婦で内装もされたというお店はよくあるインド料理屋という感じではなく、とても温かみのある落ち着ける空間でした。東京駅からも近いですし、関東方面のカレー好きさんはぜひぜひ。

猫好きさんはご近所の中央区産業会館でTICAのキャットショーをよくやっているので見学の帰りなどにどうでしょう?
TICAのショースケジュール&会場案内はTICA ASIA REGIONのサイトを参照くださいまし。
あ、お店の方は猫好きでいらっしゃるようですが、飲食店でなので店内への猫連れは不可ですよ(念の為)。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク

最新CM

[08/29 ケヅメ所長]
[12/12 あっこ]
[12/10 coco--yumyum]
[12/09 mimo]
[12/09 ちゃい]

最新記事

最新TB

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

カウンター